BLOGブログ
BLOG

運送業界で必要となる資格にはどんなものがあるの?

2020/11/25
運送業界では、さまざまな資格が必要になります。
では、具体的にどんな資格が必要なのでしょうか?
ここでは、必要となる資格の種類について解説します。

▼必要な国家資格
運送業として開業したり、実際に業務をする上で必要となる国家資格としては、以下があります。

■運行管理者
運行管理者とは、主に運送会社において安全な輸送を行うために指導することを求められます。
安全を確保するための判断力、ドライバーに適切な指示を出す指導力が要求される資格です。
この資格を保有していることを管理職になる条件として設定している会社もあります。
受験の条件としては、以下2つがあります。
・運行管理に関して1年以上の実務経験がある
・基礎講習を終了している

■自動車免許
トラックドライバーにとって必須の資格が運転免許証です。
運転する車両に合わせた資格の取得が必要です。
主に必要となる免許としては、以下があります。
・大型
・中型
・大型特殊
・けん引

■フォークリフト運転技能者
主に倉庫などで荷物を運搬する際に必要となるのが、フォークリフト運転技能者の資格です。
フォークリフトの最大積載量が1t未満と1t以上で、資格の取得方法が異なります。

■危険物取扱者
薬品やガソリンを運送する場合、危険物取扱者の資格が必要です。

▼公的資格
国家資格以外でも運送業界において持っておくと便利な資格として、次のような資格があります。
・ロジスティクス管理 2・3級
・ロジスティクスオペレーション

▼まとめ
運送業界における資格には、単純に運転免許証だけあればよいというわけではありません。
自身のキャリアアップも考えれば、最適な資格を取得しておくことをおすすめします。