BLOGブログ
BLOG

運送業で働く場合の服装について

2020/12/25
この記事では、運送業で働く場合の服装についての情報をお伝えしていきます。
運送業で働く場合には、どのような服装が必要になるのか、はっきりとわからないという人も多いかと思います。
その会社での業務内容によっても服装が異なる場合があります。
それぞれの場合での服装について紹介していきます。

▼会社によっては制服が支給される

運送業でも会社によっては制服が支給されることがあります。
制服が支給される場合には、業務中はその制服を着用することになるでしょう。

▼事務職の場合の服装とは

営業所などでの事務職に就く場合は、基本的にはスーツになることが多いでしょう。
取引先のお客様とのやり取りなども多くなることが予想されるので、事務職の場合はスーツになると言えるでしょう。

▼運転・積み込み時の服装とは

車を運転する際の服装については、主に作業着になることが多いかと思います。
荷物を積み込む際にも基本的には作業着ですが、安全靴やヘルメットなどを装備することになるでしょう。
特に荷物が重量物である場合には、安全のために必ず装着する必要があります。

▼まとめ

運送業で働く場合の服装は、制服が支給される場合には、その制服になります。
服装については自由という場合もあるので、その場合は自分の業務に適した服装を着用すると良いでしょう。
荷物の積み込みなどに携わる場合には、自分の身を守ることのできる装備が必須となります。
安全に注意を払い、作業することが何よりも大切です。