BLOGブログ
BLOG

運送業のドライバーがきついと言われる理由について

2020/12/28
運送業のドライバーがきついと言われる理由について

この記事では、運送業の運転ドライバーがきついと言われる理由についてお伝えしていきます。
運送ドライバーの仕事の印象としては、やはり「きつい」という印象持っている人も多いのではないでしょうか。
では、なぜそのような印象があるのか紹介していきます。

▼運送ドライバーがきついと言われる理由とは

運送ドライバーがきついと言われる理由としては、いくつか理由が挙げられます。
まず、勤務時間が不安定であることが挙げられます。
また、車の運転をするため常に緊張感を伴います。
荷物の積み下ろし作業があるので、体力を必要とします。
それぞれの理由について、詳しく紹介していきましょう。

■勤務時間が不規則

運転ドライバーの業務は勤務時間が不規則になることが多いです。
深夜から翌朝までかけて荷物を運ぶ場合や早朝から荷物運ぶこともあります。
定時がない場合も多いので、きついと感じる人も多いかもしれません。
また、勤務時間が不規則になることで、睡眠時間や生活リズムも崩れやすくなるということも考えられます。

■車の運転に伴う緊張感の持続

車の運転は、乗用車の運転であっても常に緊張感が伴うものです。
特に近年は、痛ましい交通事故やあおり運転なども増加しています。
そのため、大切な荷物を運ぶ運転ドライバーの業務は精神的にも大きな疲労を与えることが考えられます。

■荷物の積み下ろしなどの肉体労働

荷物の積み下ろしでは、シンプルに肉体への疲労が大きくなります。
荷物を積み下ろしした後には、再び運転に戻ることがほとんどです。
そのため、運転ドライバーは持続的に疲れが溜まりやすいと言えるでしょう。

▼運送ドライバーのメリットとは

運送ドライバーの仕事は確かにきついことも多いかと思います。
しかし、元々身体を動かすのが好きな人や車の運転が好きな人にとっては、とてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。
また、給料の面でも比較的高収入であることも多いのが魅力です。

▼まとめ

運送業の運転ドライバーがきついと言われてる理由は様々ありますが、現在ではしっかりと休憩をとるように指示している会社も多くあります。
また、連続運転時間に制限を設けていることもあり、昔と比べるとその負担も軽くなりつつあります。
有限会社大成運輸でも職場環境に不安を持っている方が安心して働けるようより良い職場環境作りを行っております。