BLOGブログ
BLOG

運送業での資格支援制度とは

2021/01/15
この記事では、運送業での資格支援制度についての情報をお伝えしていきます。
運送業では、普通自動車第一種運転免許が必須であることが多いですが、その他の免許や資格も必要になる場合もあります。
その際に利用したい制度が資格支援制度になります。
どのような制度なのか、詳しく紹介していきます。

▼資格支援制度とは

資格支援制度とは、運転免許などの資格取得の際に一定の費用を補助してくれる制度になります。
運送業の場合は、大型や中型、自動車免許第二種などを取得する際に会社が免許の費用を負担してくれることもあります。
この制度を活用することで、就職後に、その会社の業務で必要になる免許を取得することができるようになります。
特に、大型トラックなどでの運送を主軸としている会社では、重宝されている制度です。
元々大型免許を持っていないという人であっても、積極的に採用することが可能になるからです。

▼資格を持っていないくても運送業に携われる

運送業に興味を持っている人の中には、免許を取得していないという人も多くいるのはないでしょうか。
そのような人でも、この制度を活用することで、運送業に携わることが可能です。
就職した後に、免許を取得し、運送ドライバーの業務に就くことができるからです。
現在は、人手不足の解消にも繋がっている、重要な制度の1つであると言えるでしょう。

▼まとめ

現在は、この資格支援制度を取り入れている運送会社も多くあります。
今現在免許を取得していないという人でも、就職後に免許を取得することができるので、気になる会社がある場合は問い合わせてみるのが良いでしょう。