BLOGブログ
BLOG

運送ドライバーにはマナーが良くないとなれない!

2021/02/08
大きなトラックが走っている姿を見ると、危険な運転をするのではないかと感じてしまう方もいるかもしれません。
でも、運送ドライバーは運転マナーが良い人でないと勤まらない仕事です。

今回は運送ドライバーのマナーについて解説します。

▼運送ドライバーはマナーを守って運転しなければならない

車を運転する全ての人が基本的なマナーを守らなくてはなりませんが、残念ながらマナーの悪い運転手もいますよね。
しかしこうしたマナーの悪い運転手は、運送ドライバーにはほとんどいません。

■会社の看板や責任を背負って運転している

運送ドライバーは、仕事としてトラックの運転をしています。
一般のドライバーは仮に事故を起こしても自分の責任で済みますが、運送ドライバーは一度事故を起こせば会社全体に迷惑が及びます。

運搬している物資の内容によっては、ひとたび事故を起こせば何十、何百人もが死傷する事故に発展することを、運送ドライバーはしっかり心得ています。
個人の感情だけでマナーを無視するわけにはいきません。

■会社の教育も徹底している

運送会社としても、運送ドライバーへの教育を徹底しています。
運転の部分だけでなく、あいさつや一般常識など、あらゆるマナーを守れる人材を雇い、育てています。

ぜひ安心して運送ドライバーの仕事を見守ってください。

▼まとめ

もしマナーが悪い運送ドライバーを見かけたら、トラックに記載してある会社にご連絡ください。
運送ドライバーの質を上げることは運送会社の義務ですので、遠慮なくお客様の意見を聞かせてくださいね。