BLOGブログ
BLOG

運送ドライバーのやりがいとは

2021/02/22
昼夜問わず物流のために汗を流す運送ドライバーの仕事は、非常に大変だとよく言われます。
それでも運送ドライバーの仕事に憧れ、職に就いてからも毎日生き生き働くことができるのは、やりがいがあるからです。

今回は運送ドライバーのやりがいについてお話しますね。

▼運送ドライバーはきつい?

運送ドライバーの仕事は、あらゆる仕事の中でもかなり「きつい」ほうだと言われています。
しかしその反面、非常に大きなやりがいもあります。

■運送ドライバーには非常に多くのやりがいがある

運送ドライバーとしてのやりがいは、主に以下のようなものです。

・物流の中核を担っているという責任感
・日本全国色々な場所へ行ける
・経済的に安定している

運送ドライバーの最も大きなやりがいは、物を運ぶことによって人々の役に立っているという実感があることです。
宅配便や手紙、コンビニやスーパーの商品、引っ越しの荷物など、物が移動する時には運送ドライバーが必要不可欠です。
人々の生活にとって、絶対になくてはならない仕事と言えるでしょう。

また、運送する際には日本全国色々な地域に行くことができます。
もちろん遊びに行くわけではありませんが、景色やご当地のお土産を楽しむこともモチベーションのひとつになるでしょう。

収入面も、近年は待遇が改善されてきているので平均以上の収入が見込めます。

▼まとめ

仕事における「やりがい」は、働くモチベーションを維持するには最も大切なものです。
運送中のトラックを見かけた際には、ドライバーが生き生きと働く姿も、ぜひ見守ってください。