BLOGブログ
BLOG

運送ドライバーへの転職で失敗しないためには?

2021/04/08
運送ドライバーの仕事は大変なことも多いため、転職の仕方によっては失敗したと感じてしまう方もいるようです。

今回は運送ドライバーへの転職で失敗しないための方法をご紹介します。

▼まずは運送ドライバーの仕事について知ろう

運送ドライバーへの転職で失敗したと感じる主な理由は「思っていた仕事内容ではなかった」というものが多いようです。
まずは運送ドライバーがどのような仕事なのかをしっかり知って、理想と現実にギャップが生まれないようにしましょう。

運送ドライバーの仕事の特徴として、特筆すべきは以下のようなものです。

・圧倒的に男性が多い(約9割が男性)
・主に単独での業務となる
・拘束時間が長い
・かなりの体力が必要
・コミュニケーション能力は必須
・安全運転やマナーが非常に大切

運送ドライバーは一人で車の運転を延々とする仕事なので、他人と会話をすることなく一人で仕事ができると考える方も多いかもしれません。
しかしコミュニケーション能力がないと、社内での人間関係だけでなく客先との仕事のやりとりもうまくいきません。
対人スキルが高い方のほうが向いていると言えるでしょう。

また、人としてのマナーも強く求められます。
会社の看板を背負って運転を続けますので、仕事だけでなくプライベートでも安全運転を心がけなくてはなりません。

■会社選びも大切

運送ドライバーへの転職に失敗しないためには、会社選びも大切です。

近年はドライバー業界もかなり待遇が改善されてきていますが、それでもいわゆるブラック企業はまだ残っています。
優良企業かどうかを見極めて転職活動をすることが、失敗しないための最も大きなポイントと言えるでしょう。

▼まとめ

適性を備えた上で優良企業に入ることができれば、運送ドライバーの仕事は非常に楽しく、やりがいを持って続けられるでしょう。
ぜひ熟考を重ねて、失敗しない転職を叶えてください。